セブ島留学の魅力 TOP > ページ一覧 > セブ島の治安は?

セブ島の治安は?

セブ島の治安は?

フィリピン留学で人気があるのがセブで、マクタン島とセブ島と小さな離島から成り立っています。セブ島はビーチリゾート地として有名です。留学先として言えば、セブは危険なエリアに足を踏み入れなければ、滅多に危険なことはありません。ただし、海外はどこでも日本に比べて治安は良くないと思っておいたほうがいいでしょう。日本は特別安全な国なので、日本を基準にしてしまうと考えが甘くなってしまいます。

セブは発展途上国なので、お金がない人が多いです。レストランで荷物を置きっぱなしにしていれば持って行かれますし、財布を尻ポケットなど目立つ場所に入れておけばひったくりに遭います。音楽を聴きながら歩いて入れば犯罪の的になったり、イヤフォンを引ったくられる可能性があります。セブで気をつけたいエリアは、飲屋街のマンゴーストリートと、夜間に物騒になるコロンという場所です。コロンは観光名所ですが、夜に行くとドラッグ密売人やドラッグ中毒者、強盗、ストリートチルドレンによる被害にあう可能性があります。

どうしても行かなければいけない時には、お金は少なく複数人で行くなど対処しましょう。できるだけ近づかないのが鉄則です。セブは比較的治安が良いと言っても、夜歩きは危険です。もし夜間に出なければいけない時にはタクシーに乗ったほうがいいです。セブ島のタクシーは初乗り運賃が80円と日本に比べてものすごく安いので、安全のためにも少しの距離でも夜間は利用したほうがいいでしょう。セブ島で留学生が受ける被害として多いのがスリで、30%くらいは被害にあっていると言われています。

安全に留学生活を送るには、語学留学が目的であれば治安がしっかりしている語学学校を選ぶといいでしょう。語学学校の寮やホテルには警備員が24時間体制で見張っているので、ここの中では安全です。ただし、トラブルを防ぐためにもパスポートや現金はスーツケースに入れて鍵をかけておいたほうがいいです。

フィリピンの中ではセブは治安が良いと言われていますが、外国であることは忘れてはいけません。日本ではスリや強盗などの被害は滅多にありませんが、海外ではこれが日常茶飯事になっていることを理解しておきましょう。また、エリアによって治安が異なることも知っておいたほうがいいです。マンゴーストリートとコロンは特に夜間には近づかないようにしましょう。それ以外の場所も夜の一人歩きは控えたほうが安全です。