セブ島留学の魅力 TOP > ページ一覧 > セブ島で親子留学のススメ

セブ島で親子留学のススメ

セブ島で親子留学のススメ今や海外留学、語学留学というと一般的になって様々な国で短期なり長期なりの留学プログラムがたくさん出ていて、気軽に挑戦できる環境が整っています。そのなかで、今注目されているのが、親子留学です。これは、保護者の方とお子さん(年齢の目安は2歳から10歳)が一緒に参加するプログラムになります。10歳以上の年齢になると単身で留学するお子様が多いようです。

親子留学の目的としては2つあります。親のやりたいことを優先する「親中心型」。そして最近では、小学校の外国語活動の必修化にむけてなるべく早く英語に触れさせて、英語学習をさせたいと思っている「こども中心型」です。親子留学は最短で1週間からのコースもあり、夏休みや年末年始などの休みの期間に集中しています。

留学先として注目を浴びているのが、第二の英語圏として近年人気急上昇中のフィリピン・セブ島です。フィリピン・セブ島での最大の魅力はマンツーマンレッスンを受けることができるという事です。グループレッスンでは当然会話の量も少なくなります。また、他の人を気にすることなく、自分のレベル・ペースで個別指導を受けることができるので効率もいいです。また欧米圏の学校では物価も日本とほぼ同じですので、費用的にもセブでは格安でマンツーマンレッスンを受けることができます。こどもも、英語レッスンだけでなく、レッスンが終わった後にはみんなでプールや海で遊んだり、セブという土地柄を最大に楽しむことができます。こどもの英語の取り組みとして、単語を覚えるなどの詰込みではなく、コミュニケーションを通して、楽しいと思えるポジティブな考えが持てるいい経験になります。

また、留学するにあたって頭を悩ますのが生活費の費用面です。フィリピン・セブでは物価は日本の1/3です。生活必需品の購入や食費などだけでなく、アクティビティ、映画鑑賞、観光なども格安でフィリピンの生活を満喫できます。フィリピンは英語が公用語の一つなので、ショッピングや観光でも英語が通じるというのもメリットです。治安面でいえば、フィリピン・セブは日本からの観光客も多く、世界的に有名なリゾート地として知られていますので、問題ありません。日本からのアクセスも直行便で4時間半ぐらいということで、こどもを連れて行くにはちょうどいい距離といえます。

このような事から、まずは物価が安く学校の設備も整っているフィリピン・セブで基本的な英語を学んでから、本格的な英語留学は欧州圏へという方も増えています。