セブ島留学の魅力 TOP > ページ一覧 > セブ島留学の費用について

セブ島留学の費用について

セブ島留学の費用について日本人に人気の留学地としてあげられるのが、アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドですが、最近はフィリピンのセブ島留学が非常に人気となっています。セブと言えば、綺麗な海のリゾート地として有名で、留学というイメージも少ないかもしれませんが、実はお隣の国、韓国では日本で人気が出る前からセブ島留学は非常に人気です。韓国では、欧米圏に留学する前の予行勉強として行く人が多いです。そのため、フィリピンには日本人経営の語学学校よりも、韓国人経営の語学学校の方が圧倒的に多いのです。では気になる費用についてです。アメリカやカナダなどの欧米圏での費用は1ヶ月に15万円程度でしょう。

こう聞くとそんなに高くないのではないかと思う方も多いと思いますが、この金額はあくまでも語学学校の授業料のみです。アメリカやカナダは物価が高いこともあり、この他に学校の入学金やビザの料金、滞在費については少なくとも5万円、生活費も少なくとも6万円はかかります。さらに渡航費用も最低4万円から最高で19万円と非常に高いのです。

しかしセブへの留学であれば、授業料と宿泊費、毎日の食費を含めて10~15万円程度で済みます。どこの国でも選ぶ学校や授業のコマ数によって金額に相違がありますが、それでも最大15万円程度で英語を学ぶことも出来、生活も何不自由なく出来ます。日本で生活する場合にも、最低でも家賃や光熱費、食費などを計算すると15万円はかかりますので、この金額は破格と言えます。またセブには、韓国人経営の語学学校が多いため、もちろん韓国人の方が学内に占める人数が多いため、コミュニケーションをとる上で英語は必須となります。学校もスパルタ系の学校と、規則がゆるい学校と様々です。

あまり知られていませんが、実はフィリピンはアメリカとイギリスに次いで、世界で三番目に多く英語が話されている国です。もちろん一般人にはそれなりに英語になまりがあるものの、学校の先生はしっかりとした教育と審査を受けた上で雇われているため、全くなまりが気になりません。

特にセブは有数の観光地のため、一般人でも比較的綺麗な英語を話す人が多いのも特徴です。観光に出掛ける時も、どこに行っても英語が通じますし、また物価の安いフィリピンならではで、観光費用が安いのも魅力です。週末にビーチリゾートでマリンスポーツをしたり