セブ島留学の魅力 TOP > ページ一覧 > セブ島留学で持っていくと便利な持ち物

セブ島留学で持っていくと便利な持ち物

セブ島留学で持っていくと便利な持ち物セブ島に留学をするときには、現地で不便を感じることなく過ごしたいものです。数日間だけならば少しくらい不便を感じてもいいですが、必要不可欠なものは購入するしかありません。日本で購入できるものをほんの数日間だけのためにセブで購入するのももったいないですので、持っていった方が便利なものは持っていくようにしたほうがいいでしょう。

セブに留学をするときに持っていきたいものとしては、懐中電灯があります。セブでは台風が起きることがありますので、その際には停電をしてしまうこともあるからです。停電をしてしまえば携帯電話の明かりなどで周囲を照らすこともできますが、電池切れになってしまうかもしれません、いつ停電が復旧するかもわからない状態で、携帯電話の充電を消費したくはありませんので、懐中電灯は持っておいた方がいいでしょう。

勉強をするときに必要な筆記用具は現地で調達をすることもできますが、あまり品質がいい物とは言えません。勉強時にストレスを感じなくてもすむように書き味にこだわるのであれば、日本製のものを余分に持っていくようにしたほうがいいでしょう。筆記用具であれば少し増えたとしても、持ち物としてかさばるものでもありませんので、余分に持っていきやすくなります。

セブ島は比較的日差しが強いですので、サングラスや日焼け止め、帽子などを持参しておくといいでしょう。留学中にはずっと学校と宿泊施設にこもりきりというわけではありません。外に出かけることもありますので、その時に日焼けをしてしまわないように持っていきたいものです。セブの強い日差しで日焼けをして痛い思いをしてしまえば寝苦しくもなり、勉強どころではなくなりますので、日焼けをしないようにしておかなくてはなりません。

留学期間が長くなれば、日本の味が恋しくなってくるものです。日本にいるときにそれほど日本食を食べていなかった人だとしても、留学中には不思議なもので日本の味が恋しくなります。お茶のティーバッグを持っていっておけば、ホッと一息つくこともできますので、勉強の合間の休憩の際にも飲めるようにしておくといいでしょう。

留学時には持っていくと便利なものはたくさんあります。持っていっておけばよかったと思ってもどうすることもできませんので、現地で調達しなくてもいいように、必要かどうかはわからなくても、かさばらないものであれば持っていくようにしたほうがいいでしょう。