通信費削減に役立つ電話回線・おとくライン TOP

このサイトについて

おとくラインは、ソフトバンクテレコムが提供している直収電話サービスのことを指します。ソフトバンクテレコムは、旧日本テレコムで、ソフトバンクが参入した会社です。2004年からサービスを開始しており、アナログ回線とデジタル回線の両方のサービスを受けることができます。電話サービスといえば、NTTによるものが従来は一般的でしたが、このおとくラインによって、選択肢の幅が広がったといえるでしょう。

おとくラインは、ドライカッパーというものを用い、電話機と電話回線をそのままに、ソフトバンクテレコムのネットワークに移行するサービスとなっており、簡単にいえば、電話サービスをNTTからソフトバンクテレコムに移行できるということです。NTTのネットワーク回線を利用しないだけあって、NTT特有の電話加入権や、基本料が必要なく、コストを抑えることができます。「でも電話番号が変わるんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は番号ポータビリティを利用することで、電話番号もそのまま移行することができるのです。

つまり、おとくラインは、従来のNTTのサービスに対抗してつくられた、おとくに電話サービスを利用できるプランといえます。

    通信費削減に役立つ電話回線・おとくライン

    おすすめ情報

    現在の電話番号はそのままで、電話加入権も不要なソフトバンクのおとくラインを考えているなら、複数の支払いを一本化出来て、経費の管理が分かりやすくコスト削減にもなるのでオススメです。
    外出時にお手元の携帯へ転送できて、相手先番号の表示も可能な多機能転送サービスを考えているなら、かかってきた電話を転送元の電話機を呼び出すことなく直接転送が可能なのでオススメです。
    複数の明細が一括で管理出来てスムーズな支払いが可能なおとくラインの申込を考えているなら、中継電話会社を使わない直収回線のため、今までよりも基本料金が安くなるのでコスト削減に繋がりオススメです。
    ワンクリックで暗号化設定及び解除が可能な、わかり易いインターフェースを採用したデータベース暗号化なら、開発元韓国国家情報院(KCIA)のセキュリティレベル審議をパスした強固なセキュリティを実現できます。
    1ヶ月間の通話時間が47分以下の場合、料金を安く出来るソフトバンクサービスの見直しを考えているなら、他のサービスの利用状況も検討すると、より効果的なコスト削減が出来るのでオススメです。
    Copyright(C) 通信費削減に役立つ電話回線・おとくライン All Rights Reserved.